西新小岩 U様ビル新築工事

ギャラリー

今回の新築は、建築場所が総武本線新小岩駅北側平和橋通り沿いの非常に人通りの多い繁華街においての店舗・共同住宅3階建てになります。構造は【軽量鉄骨造】を採用しました。又この周辺エリアの地盤は地盤調査によるとそれほど良くないとの結果が出てしまったため、地盤改良方法には【置換工法のスーパージオ工法】を採用させて頂きました

。http://www.chitaikyo.or.jp/(スーパージオサイト)

O様邸 住宅新築工事 竣工


木造3階建ての住宅です。
外部は白いサイディング、屋根はガルバリウム鋼板、サッシはホワイトと爽やかな印象ですが、
玄関ドアはカントリー調で、オアシスを感じるガーデン水栓、今後植栽がはいるととても柔らかな
印象となるであろうエントランスと、温もりも感じさせます。

一階の玄関付近にウォークインクローゼットや納戸などおおきなスペースが確保されており、大きめの荷物
の出し入れにとても便利です。
また水廻りも、ユニットバスは1.25坪、洗面台もワイドが1.2mあり、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

二階のダイニングキッチンには、これからのお子様の成長を見守るような、身長計がデザインされた壁紙や、
勉強やパソコンなどの作業ができる作業テーブルが作り付けであり、家族で集う部屋という位置づけです。
一方、続き間の広めの和室は寛いだり、お客様をお通しできる空間になっています。

三階の個室は、洋服類が全て入るサイズのクローゼットが備え付けられており、部屋がすっきり片付きそうです。
小さなお子様やご夫婦の使いやすさが追求されています。

O様邸 新築工事


南水元で、木造3階建ての新築工事をしています。
外部は白いサイディング、屋根はガルバリウム鋼板、サッシはホワイトと爽やかな印象です。
足場がばれるのがとても楽しみです。
内部は現在、壁は石膏ボードを貼っており、その後はクロスを貼る前のパテ処理をします。
石膏ボードの継ぎ目やビスなどがクロスを貼ったときに目立たなくするためです。
その後のクロス貼りに影響するので、丁寧な作業が求められます。
建築工事は、工事監督のもと様々な工種があり、それぞれ丁寧に仕事をしてくれるのが職人さん達です。

水元飯塚町会会館 竣工


南水元二丁目で建設中でした、町会会館が年末に竣工しました。

広くはない土地でしたが、町会会館という用途と角地という特性を生かし、
建蔽率最大までに計画しました。
また、30人程が集会室に入ることができる広さを確保しつつ、建物の
剛性を高めるために、1階に倉庫、玄関、トイレ、給湯室、事務室といった
小さめの部屋を配置し、壁に筋交いを入れ、建物外周は構造用合板で覆う
構造になっています。

K様 賃貸住宅 竣工


千葉県松戸市の2世帯のアパートです。
玄関を入りDK、トイレと浴室があり、階段をあがるとロフト収納のある洋室というプランで、2世帯が
左右対称に並んでいる面白いプランです。

上下階で世帯がまたがず、かつ隣戸境の壁は遮音シートや石膏ボードを重ね張りし、15cmの壁厚なので、
賃貸住宅でよくある騒音問題は、起こることがなさそうです。

1階にはキッチン、トイレと浴室があります。キッチン廻りにスペースがあるので、小さめのダイニング
テーブルもしくは収納家具が置けます。水廻りと居室が完全に離れているので、居室で落ち着けますし、
水廻りは浴室とトイレが別れており狭さを感じない工夫がされております。

2階の洋室は9㎡程ですが、大きめのクローゼットにロフトがついているので、最低限の家具・家電の
設置ですみ、単身世帯には楽しい造りのアパートです。

町会会館 新築工事


現在、南水元で木造2階建ての町会会館を新築中です。
年内竣工の予定で、現在外部はサイディング貼りを終え、サイディングやサッシ周りの
シール工事を、内部はクロス工事を進めています。
1階は倉庫、事務室、トイレ、給湯室、2階は23帖程の集会室で30人程が集まる事
ができます。騒音等を考慮し、換気程度のサッシの大きさにしていますが、北面に避難
等を考慮し大きなサッシを入れています。
地域の皆様の拠り所となる場を目指し、工事を進めております。

W様邸 新築工事


8月に竣工した現場です。
木造2階建てで、2LDKの住宅です。
1階にLDKと水廻り、2階に個室があります。

私道の奥にあるお宅なので、1階のLDKが暗くならないように、各壁面にサッシがあります。
隣地空きはそれほどありませんが、十分明かりを取り込んでいます。
水廻りや収納は北、LDK、各部屋は南とすることで、明るさと開放感を感じます。
また、2階の個室にはそれぞれウォークインクローゼットがあり、1階の廊下や洗面室にも物入れを配置しています。
使い勝手の良い、住みやすいお家が出来ました。

H様邸 外観写真の追加


ご無沙汰しております。
夏に投稿したH様邸の外構が出来ましたので、改めて外観写真を投稿します。

南仏・プロヴァンス風の外観ですが、洋瓦ではなく、金属瓦を使用しております。
とても軽く、柱・梁等の荷重負担を軽減し、地震災害により安全です。
また、一枚板を取り付ける工法で施工性も良く、工期の短縮も図れます。

また、外壁は旭トステム外装㈱の窯業系サイデングを使用しています。サイディングで目立っていた板と板との継ぎ目が目立ちにくい工法で、見た目も良く、シーリング切れを防ぎます。また、セルフクリーニング効果もあり、雨などの水滴が付くと、流れ落ちます。

日本の風土に合った提案が出来たのではないかと思っております。

H様邸 新築工事


今年に入ってから工事を進めていたF様邸の本体が完了致しました。
外構工事がまだなので、外観は改めて載せる予定です。

1階が30坪ほど、2階が半分の15坪程で下屋が美しい木造2階建てです。南仏をイメージした外観ですが、日本瓦の1/6の重量の金属瓦を採用し、外壁は窯業系のサイディングと軽量にすることで、耐震性が上がりました。

1階がLDKと和室、寝室に水廻り、2階が個室という間取りです。和室は書院、床の間、床脇、仏間、押入れ、上部に神棚がある本格的な和室です。書院には阿部興業の障子が映えます。仏間や床脇の美しさを見ると、大工さんや建具屋さんら職人さん達の質の高さを感じます。広さが十分あるので、階段や水廻りや収納に余裕を感じさせる住宅です。